スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ム○キング

少し前に手をつけたプラモ「メルス+ドライバー」でJMCのコンペに参加しようと思ってたら

「メルスはリンドバーグでドライバーはドラゴン」だったオチ。

レベルだと思っていた俺orz

レベルはキワモノをひとつ持っていたなー。

作るかアレを(謎


最近はアニメの『咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A』が楽しみでたまりません。

1期ヒロインの咲が完全にラスボス扱いで、いわば「ジオン側の視点」な阿知賀編。

クロちゃんとお姉ちゃんを嫁にくださry

2期だけどキャプテンとステルスモモも嫁にくry

今更だけど、1期の長野県の強さは異常。

聖牌戦争

聖牌…上手いなwっとおもった。

2期CM

まぁ予想してたがw


そーいや、最近ハマってるモノ。
画像 031
プラでは無いが学研の「メタルキット」

とりあえずバイク用に買った一生分ある金属磨きで磨く。
画像 034
おわかりいただけるだろうか?
折角の金属地だからオッサン、ドキドキしちゃう!

完成直前
画像 040
箱には「8歳から大人まで」とあるが・・
いやいや、結構断面が鋭利だしハンドパワー的にムリっしょw

カッケェエエエエエ!!
画像 042
昆虫の王者!
国産カブト!!

酒のみながらニヨニヨ眺めてしまうw

何気に「曲げ」が大変だったりする。
さて、ライバルの「黒騎士」こと黒いダイヤモンドもつくろっかなw


オマケ
なぜか組立中に脳内再生されてたBGM

EDは今でも癒される。。。

バイストン・ウェルって「海と陸の間にある世界」なんだぜ?

俺は今日も「空と陸の間」を駆け抜けるぜ!
スポンサーサイト

Tag:プラモ  Trackback:0 comment:0 

地味に忙しかった・・が

12連勤とかありえねぇ…(夜勤メインなので日勤20日分相当カナ?)


とかいいつつも、ぶらりとどこかには出かけている訳で。
画像 004
UFOと先生を探しにいったが見つからなかった…キャンプ場の焼肉うまそうだった。
白馬からずっとポルシェに追走されて涙目になった。
「キリンはなかな(ry」

とか

グンマー!!
画像 030
トチギーとの境目は戦場らしいがナガノ側は聖地らしい。
侵してはならない場所アレギウム。

とか

ヒャッハー!なのに襲われそうな景色。
画像 023
まぁココなんだが。
画像 026
パノラマラインは気に入った!溶岩石の大地と「けんちゃん食堂」
ラーメンセットはお得!

とか

賢者タイムになる景色。
画像 007
遊んでばっかだな。

適度に疾走る(はしる)のはデータとっているというのもある。

俺の愛機は街乗り仕様な味付けのVツインなのだが(同じエンジンのアメリカンはいくらかマッタリ仕様)、俺好みの速度帯を維持しようとするとどうにもギヤチェンジが忙しくなったりEg(エンジン)に負担の掛かる乗り方になってしまう。

…データはとれた!よし、いじくろうw

Eg本体に手をつけず、簡単に「速度」を変えるにはどうすべきか?

・タイヤサイズの変更…まだミゾあるからもったいない。
・ドリブンスプロケット(リア)の変更…見た目もカッコイイしこれかな?
・ドライブスプロケット(フロント)の変更…やったことねぇ。

ちなみにスプロケットの変更はノーマル比+-で高速重視か加速重視を味付けできる。
たとえばR44T/F16Tだと減速比2.75となる。
(Tは丁数…歯車の数やね)
速度帯を上げたい高速重視のハイギヤードだとR側の丁数を減らせばよいのだが…
SOHのVツインではトルクが余るような気がする。
そこでFを1丁あげる=理論値ではR3丁減ではどうか。
R44T/F17T=2.588となる。

正直、やってみねぇとわかんねぇw

んで部品注文してやってみた。

これがなかなか…イイ!
スタートは結構鈍くさくなったけど、ロケットスタートして前に出るマシンでもないしそんな気も無い。
というか加速が減った分、伸びができた。
一速の持続時間が長くなったが、減速に気を使うある意味ピーキーなマシンになった。

「ピーキーすぎてオメェーにゃ無理だよ!」

…言ってみたかっただけですゴメンナサイ。

心配だった聖地ナガノのアップダウンはどうか。

これまた予想外に具合がいい。
一速の持続が長い+トルクがあるおかげで忙しくなくなった。
逆に今まで60kmで抜けてたコーナーを65+で抜けなくてはならなくなったのだがw

高速はどうか。

ズッパシ狙い道理w

Egと燃料にやさしい速度帯がトップギア80km巡航から100kmまであがった。
ちょっと無理すればメーターが足りなくn(ry

ただし良いことばかりでは無い。

発進トルクが下がったということは、クラッチに負担がかかっているはず。
実際に今まで感じていた「チョロQを離す瞬間」みたいなダッシュ感は感じられなくなった。

まぁとりあえず満足しているのでしばらくこのままで様子見する。
(戻すのが面倒なのもあるw)

タイヤかえる時に扁平率80から70におとせば更に緩和されると思うのだが。

頑張って疾走ってタイヤ減らそう。


…つーか何でこんな部品も無いようなマイナー車に手間と金かけて乗っているのかなんとなく判ってきた。

俺は「専用機」が欲しかったのかも知れんねw

なんかそんな気がする。

Tag:バイク  Trackback:0 comment:0 

超不定期更新中。

kura

Author:kura
長野模型練習会に参加しています。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。